XTZ125 「ねこちやづけ」 クラッチが気になる
(第1回クラッチ周り整備)

「ねこのす」「バイクの巣」XTZ125「ねこちやづけ」の部屋>(現在の位置) クラッチが気になる
作成2007年6月    最終更新2010年08月16日

お知らせ: 現時点でのクラッチ周りの最新ページは ⇒クラッチ周りの(たぶん)最終回 です。


 XTZ125関連のサイトを調べて見ると、クラッチが弱点と指摘されているページが複数見受けられる。
文左衛門の八割ヒマダネ様
アドベソ様
ダー岩井の写真館様
などなど。

 クラッチについては、我が「ねこちやづけ」も残念ながら例外ではなく、「ねこちやづけ」がやってきた でも書いたとおり、接続時にはガリガリという異音を発して精神的に芳しくない事態となっていた。正直、他に大した欠点が無い分、このような欠点が非常に気になってしまう。
 もちろん、クラッチを操作する技術が悪いのかと、エンジンとミッション側の回転数を出来るだけ合わせ、クラッチの負担を軽くするようにはしてはいるのだが、発進時などどうしてもクラッチのタッチの悪さが気になってしまう。
 「ねこちやづけ」については、他のXTZ125ユーザーが「ローギャード化」をしているのに対し、掟やぶり?の「ハイギャード化」を実施したこともあって、クラッチへの負荷が増大していることが予想されるため、クラッチ消耗度の確認も兼ねてクラッチ周りを整備してみることとした。

第一回クラッチ周り整備
 まずは事前にクラッチ整備に関する情報を集めること無しで整備開始。早い話がいきあたりばったり。(良い子はマネしないように。)
 いきあたりばったりではあるが、ほぼ確実に必要となると思われる部品は事前に確保しておく。(ガスケット等)

 とりあえずケースカバーを開ける準備。
エンジンオイルを抜く。

 直接関係ないけど、管理人はエンジンオイルやデフオイルなどを抜く際には、前もって注入口が開くことを確認する。
 なぜならオイルを抜いてから、万一注入口が開かないと、このエンジンが、つまりはこの車両自体が使用不能になってしまうから。
 整備の諸先輩から基本中の基本として教わって一応習慣となっている。参考まで。




 念の為、事前に調達しておいたガスケットが適合するか確認。

 間違いなく適合する(ハズ)。








 ブレーキペダルとキックペダルを取り外し。


 カバーを開け、クラッチ周りと初対面。 この中にあるのはブラジルの空気か?

 いちおう内部のスラッジや金属屑等が無いか確認。多少のスラッジはあるもののキレイなもので一安心。

 カバーとボルト位置の関係。右端の2本はスターターモーター固定しているもの。

 一番右下の位置に銀色のボルトが入る。
 取り外したボルトがどこの位置に入るか分からなくなって、サービスマニュアルも手元に無いといった場合には参考になるかも。














 とりあえずバラす。

 怪しげなアジャストスクリュー?当初はこの調整が問題かとも疑っていたが、今回は調整法が不明で調整せず。

 明らかにはみ出した摩擦材などは除去するが、基本的に確認のみ。

 各部の当たりはこんなもん。当たり面はあるが、凸凹とまではなっていない。

元通り組んで・・・

 カバーを付けて・・・ちなみにガスケットは上手に剥がれたので再利用。
 ブレーキペダルやキックペダル、エンジンガード等を戻してエンジンオイルを入れて試運転に出発。

 クラッチの状況は?・・・


「がりがりがり・・・」

変わっていない・・・・。
 元通り組んだからあたりまえか。
 残念ながらクラッチのタッチの悪さを解消する点では不奏功であったが、分解&組立が無事出来たということで次回に安心して作業を行える自信が出来たということにして、今回の作業を終了する。


→第2回クラッチ周り整備へ