XTZ125 「ねこちやづけ」 整備記録

3万キロメートル時点での整備(その他)

「ねこのす」「バイクの巣」XTZ125「ねこちやづけ」の部屋>(現在の位置) 整備記録 その他の整備
作業・記事作成:2008年 3月   最終更新2010年08月16日

「走行累計3万キロメートル整備」 その7 

 「ねこちやづけ」の「走行累計3万キロメートル整備」の第7弾として、これまで掲載してきた事項以外の整備内容をまとめて掲載。 気が向いたら整備するときの参考程度に。

注意事項
 本内容はねこのすで行った作業を記録したもので、正しい方法・手順を保証するものではないので注意。
 整備の基本的な内容について不明な場合は、ホンダのメンテナンス講座等で一度確認をおすすめする。
 くどいようだが、今回の内容を参考に作業をする場合には自己責任で行うように。

一応メニュー
・ 各部グリスアップ (グリースガンの使用)
・ 各部錆止め剤塗布 (タンク裏の防錆)
・ 配線被服の補修 (コルゲートチューブ)
・ ゴムホースの交換 (バッテリーブリーザーパイプ)
・ メインキーシリンダーの潤滑
・ バッテリーの容量回復


各部グリスアップ

 各部グリスアップを行うが、XTZ125にはリアサスのピボット部分にグリスニップルがあるので、前回のような問題が発生しないよう、分解整備したばかりではあるが、反省の意味も込めてグリスアップをしておいた。

 このグリスニップル。(赤丸部分)


 前回の痛い経験の反省から、今回のためにグリースガンを新調した。 これまで使用していたグリースガンの80グラムカートリッジに対して400グラムカートリッジが使用可能。 これで思う存分グリスを使用できる。
 参考まで価格はガン本体が1,000円程度、ジャバラのグリスがリチュームで160円、モリブデン入りで300円位で購入可能。 今回は奥まったニップルへの使用を考慮してフレキシブルノズルを別途購入しておいた。


 グリスニップルにノズルを接続して、ハンドルを動かしてグリスを充填する。


 しばらくするとスイングアームのピボット部分からグリスがはみ出してくる。 左右のピボットから出てくるようであれば内部のブッシュ部分にも間違いなくグリスが行き渡っているだろう。
 なお、はみ出したグリスは、そのままだと埃や砂等を呼び寄せるので、早期に取り除いておく。
 ちなみに何かと予算に恵まれない「ねこのす」では細いへら等(タミヤの塗料調合用へらを好んで使用)で一応回収する。 回収したグリスについては、さすがに可動部分のグリスアップには使用しないが、シャフトの単なる錆止めやボルトの締付時のグリス塗布など、さほどグリスの質が重要視されない部分に使用して消費するようにしている。


かなり余計な話  「グリスニップルとグリースガンのノズルの取扱い」について

 グリスニップルにグリースガンのノズルを付けたり外したりするとき、良い子達はどのようにしているだろうか?
(答えを知っている人は次の ---水平線--- まで読み飛ばすように。)

 接続するときは、単純に差し込むだけで接続できるので何も問題は無い。 問題は外す時である。
 グリスは機器の内部に充填するためガンから高圧で送りこまれる。 ノズルとニップルが人が引っ張ったくらいの力で外れてしまっては、グリスを高圧で送り込む際にニップルからノズルが外れてしまう。
 理屈では判っているのだが、いざノズルをニップルから外す際になると、素直な良い子達はどうしてもノズルを引っ張ってしまう。
 管理人もグリースガンを使用するようになってかなり経つのだが、恥ずかしながらノズルの外し方を知ったのはだいぶ経ってからである。 それまではノズルの向きを変えてみたり、ガンをひねってみたりと適当に動かして運良くノズルが外れるのを待っていた。
 そのため、無理にノズルを引っ張ってグリスニップルの頭をもいでしまうといった失敗をしたことがある。

 話が長くなってしまうので先に結論に行くと、ニップルからノズルを外す際には、
「ノズルを押しながら傾ける」 (ノズルをニップルに押しつけながら、ニップルに対して傾け、内圧を抜く。)
のが正しい外し方らしい。 (もっとも、こんな操作ができない奥まったところにあるニップルも多いので、結局はノズルを色々ひねりまわして試行錯誤することになるのだが。)
 素直な心では間違いなく引っ張ると思われるところに「押す」という動作が必要になる点が引っかかるのだが、機構的にそうなっているのであればしようがない。
 とりあえず、良い子達はこの機構にしたがい、またひとつ社会の落とし穴の存在を認識していくのだろう。
(ノズルを押す必要が無く、ただ単にノズルを傾ければ内圧が抜けるというものもあるので、絶対に押す必要があるとは限らないようだ。 「押しながら傾ける」というのは、「引っ張らないで傾ける」という意味なのかもしれない。)

 最後に、
 グリスニップルの頭をもいでしまい、ニップルの残りの部分を取り除くため、エキストラクターを使って「折れたボルトを除去する練習」をするのも社会の機構らしい。(管理人が初めてエキストラクターを使ったのが頭のもげたグリスニップルを外す時だった。 なお、割り箸をつっこんでまわして除去するという有名な方法も有る。)
 管理人が撃破したグリスニップルは1個だけであったが、聞いた話によると管理人の周りにもかなりの戦果を上げている歴戦の勇士もいる模様。(トリプルエース級もいるようだが、本人達は外し方が間違っているとは思っていないようだ。)
 管理人は運良くこの「外し方」を知ることができたが、グリースガン等の説明書にノズルの外し方が書かれていないのはなぜ? 今回のガンのセットにも記載は無かった(はず)。 こちらの方が問題か。 ひょっとして管理人以外はみんな知っているとか?

XTZ125の部屋に戻る


各部の錆止め剤塗布


 タンクの裏面など、錆の発生が予想されるところに錆止め目的で防錆剤を塗布。
 錆を止めるというよりは、錆の予防がメインか。 錆びていた場合には、錆チェンジャー等で処理するか、錆を落としたうえで亜鉛系の塗料を塗っておく予定であったが、今回初めてタンクを外してみたところ、タンクの裏面やフレームも予想外にキレイだったので、埃等を拭き取った後、防錆スプレーの塗布だけで完了とした。
 今回タンクの裏にも錆が見当たらない件については、導入当初の防錆剤塗布が奏功したと思われるが、タンク裏側やフレームの通常見えない部分の塗装が十分にされておらず、塗装されていない鉄部分にすぐに錆が発生するバイクもある。
 ねこちやづけに関してはタンク裏面までしっかり塗装されており、非常に良い仕上げであった。

XTZ125の部屋に戻る


配線被服の補修


 ステアリング部分下の配線被服が劣化して裂けているので、追加でコルゲート管を巻いておいた。


 工具屋でコルゲートチューブを調達。 今回はφ19を使用した。 参考まで5mで1,000円くらい。


 コルゲート管の切れ目を広げて、配線を中に入れる。 被服が裂けた部分と前後をカバーした。
 ステアリング操作の支障にならないか確認しておく。

XTZ125の部屋に戻る


ゴムホースの交換 (バッテリーブリーザーパイプ)



 バッテリーのブリーザーパイプが劣化してボロボロなので、手持ちのホースに交換した。


 手元にあったシリコンチューブを使用したが、希硫酸等への適応については不明。 問題があったらすぐに取り替える予定である。
 ブリーザーパイプの配管図がバッテリーのケースに貼られているので、その通りに配管する。

XTZ125の部屋に戻る


メインキーシリンダーの潤滑

 以前、鍵穴について考えるで行ったシリコンスプレーとテフロンスプレーのパウダー併用の潤滑を再度行っておいた。
 こいつが噂のバイダスルーブ。

XTZ125の部屋に戻る


バッテリーの容量回復

 ねこちやづけのバッテリーは、導入当初からそれ程元気なバッテリーではなく、連続してセルを使用するとすぐに「あがって」しまうものだった。
 幸いなことに、これまでは始動性の良さに助けられ、問題が発生しなかったのだが、気温の低下した時にはいよいよセルを回すのが辛くなってきた。 弱ったバッテリーでセルを回すのは、ワンウェイクラッチ等、他に悪影響を与えるので早急に対処しなければならない。
 XTZ125用のバッテリーは一般的に販売されているので、調達して交換すれば話は簡単なのだが、今回は資源節約の意味も込めてサルフェーション除去に挑戦してみた。
 そのうちまとめて報告予定。

 ただいま容量回復中。


XTZ125の部屋に戻る