XTZ125 「ねこちやづけ」 整備記録

フロントフォークオイルの交換

「ねこのす」「バイクの巣」XTZ125「ねこちやづけ」の部屋>(現在の位置) 整備記録─.侫蹈鵐肇侫ークオイルの交換
作業・記事作成:2008年 3月   最終更新2010年08月16日

「走行累計3万キロメートル整備」 その4

 「ねこちやづけ」の累計走行距離も3万キロメートルを越え、各部の点検を含めた整備を重点的に行っているところであるが、今回は「走行累計3万キロメートル整備」の第4弾として、フロントフォークのオイル交換を行ったので参考まで報告する。

注意事項
 本内容はねこのすで行った作業を記録したもので、正しい方法・手順を保証するものではないので注意。
 整備の基本的な内容について不明な場合は、「ヤマハの点検整備について」ホンダのメンテナンス講座等で一度確認をおすすめする。
 くどいようだが、今回の内容を参考に作業をする場合には自己責任で行うように。

フロントフォークの取外し

 事前準備として前輪(ホイール)を取り外す。
 ディスクブレーキのカバー、キャリパー、ホイール等を取外し。

 油圧ホースクランプのバンドを外す。
 ディスクカバーを付けている場合は外しておく。
 スピードメーターのギアボックスとメーターワイヤーの接続部、フォークに取り付けられたメーターワイヤーのガイドも外しておく。


 キャリパーをフォークに固定しているボルト2本を外し、キャリパーを外す。 ブレーキホースに無理な力がかからないよう適当な台に置くか、ロープ等で吊り下げておく。


 フロントホイールを外す。

 左(ディスク)側 19ミリナット。 右側が17ミリボルト(シャフト)。


 トップブリッジ(ハンドルクラウン)部、 画像中央やや下のボルト 片側2本づつ。(使用工具:10ミリのメガネレンチ等)


 アンダーブラケット部、ボルトを左右2本づつ外す。(使用工具:12ミリのメガネレンチ等)
 フロントフォークを外す。 清掃ついでにフォークブーツも外す。


フォークオイルの交換


 フォークのトップにあるキャップ(金色の部品)。 管理人はこれまで「ねじ式」のタイプしか整備したことがなかったので、今回の「クリップ式」のプラグは初挑戦。

 キャップを押しこみながらクリップを外すのだが、最初は若干手間取った。
 結局、Tレンチの先端に軍手を被せて傷よけとし、左手でフォークを握り、自分の胸にTレンチのハンドル部を当て、Tレンチの先でキャップを押し込みながら、右手のマイナスドライバーでクリップを外すという面倒な方法で外した。
 作業台や万力等の道具があれば、もっと容易に取り外せるとは思う。
 今回も管理人ひとりで作業なので、手が足りず本作業中の画像は無い。



 フォークの状況確認。
 入手したマニュアルで、フォークのトップから120mmの位置に油面が設定されているのを確認した。
 ただし、ポルトガル語が理解できないので、万一誤っていた場合に備えて現状を確認しておく。
 スプリングを抜いた状態で全屈状態でトップから約120mmに油面がある。


 フォークオイルを抜く。 くすんだ赤色。 後半はメタリック調の灰赤色のオイルが出てくる。
 フォークを伸屈しながらオイルを抜き取る。 今回はメタルやシール等の交換は予定していないので、フォークの分解はここまでである。 よって金属粉等はこの段階で出せるだけ出しておく。
 可能な限り古いフォークオイルを出し切り、更に必要であれば新しいフォークオイルを少し使って内部を濯いでおけば良いだろう。


 少し濯いでみた。 古くなったフォークオイルと新しいフォークオイルの色が違うのがわかる。 (製造時のフォークオイルの色が確認できないので、劣化による変色だとは言い切れないが、古い方に金属粉が多いのは間違いない。)


 折角なので、シール部等を清掃・潤滑しておく。


 今回用意したのは、ヤマハ純正のサスペンションオイル(G-10)。 (管理人入手時の価格で1500円くらい。)
 1リッター缶で1台分(2本)には十分足りると思う。


 フォークオイルの液面調整には、いろいろな専用工具が販売されているが、ねこのすではこんな工具を使っている。
 スポイトの120mm位置に洗濯バサミを付けただけのもの。
 べつに注射器やホース、パイプが無いわけではないが。 (市販の専用工具を買う金は無い。)


 全屈状態で液面を調整した後、スプリングを入れる。 スプリング密な方が下部。
 スプリングを入れたらキャップをするわけだが、再度Tレンチに軍手を被せてキャップを押しながらクリップを入れた。
 フォークの整備が完了したら、フォークブーツを入れて車体に組み込む。
 前ホイール、ブレーキ等の組付けをしてフォークの動きを確認。 試運転にでかける。

作業後の感想 (試運転後)

 今回は、事前にフォークの作動状態をしっかり確認してから作業したので、しっかり比較できたと思うが、数キロ試験走行しただけでは、「正直あまり変化を感じない。」

 フォークの作動自体については、滑らかになったのは間違いない。 整備前はある程度力をかけなければフォークが伸縮作動しなかったものが、ごく軽い力で作動開始するようになった。
 ただし、フォークの作動はシール部の潤滑でも滑らかになるので、フォークオイルの交換による効果ではない可能性もある。

 フォークオイルが劣化すると、ダンピングが不足し手放し運転時にフロントが暴れる等の症状が出て、フォークオイルを交換するとその症状が治まるということも聞くが、今回のねこちやづけは、元々フロントが暴れる症状が出ないことを確認していたので、その点でも明確な効果は不明である。

 ねこちやづけのフォークオイルはあまり劣化しておらず、交換の必要性が低かったのかもしれないし、ねこちやづけの運用状況ではそれほど過酷な使用状態ではないため、フォークオイルが新しくなった効果が出せないのかもしれない。
 これがオフロードを走るバイクであったなら、大きな効果を感じるのかもしれない。

 今後、運用していく中で、何か判れば更新していく予定。

まとめ

 とりあえず、新車時から一度も整備されていなかった部分の整備(交換)を済ませ、今のところ大きな問題が発生していない事が判り、この先も安心して運用できるようになったという点では効果があった。

 以上で今回の報告を終わる。


XTZ125の部屋に戻る