XTZ125 「ねこちやづけ」 整備記録

ステアリング周りの整備について。(ベアリング等グリスアップ)

「ねこのす」「バイクの巣」XTZ125「ねこちやづけ」の部屋>(現在の位置) 整備記録Α.侫蹈鵐肇好謄▲螢鵐絢りの整備
2008年 2月作成   最終更新2010年08月16日

「走行累計3万キロメートル整備」その2

 最近は時期的に寒冷期である為か、バイクに乗って出かけるよりも整備に励む良い子達が増えているようだ。
 積雪でバイクに乗れない場合など、(整備場所が確保できれば)これまで酷使してきたバイクを整備するには良い時期だろう。 寒空の下で鼻水を垂らしながら整備するのもたまには良いものだ。
 そんななかでも各部のグリスアップが流行しているようで、文左衛門の八割ヒマダネ 様でも紹介されている、

など、各部グリスアップを実施したくなるような情報が多く見受けられるようになった。
 これらの情報に触発され、全国でおそらく数千人がグリスアップを行っていることだろう。

 ねこのすでは、これらの影響によってグリスアップしたくなった訳ではないが、今回「走行累計3万キロメートル整備」の第二弾として要整備箇所の一つであるステアリング周りを点検・整備したので報告する。

注意事項
 本内容はねこのすで行った作業を記録したもので、正しい方法・手順を保証するものではないので注意。
 くどいようだが、今回の内容を参考に作業をする場合には自己責任で行うように。

ステアリング周りの分解

 ステアリング周りなどグリスアップが必要な箇所の分解整備は、本来新車時に一度行っておくと良いのだが、「ねこちやづけ」では今回が初の分解整備である。


事前準備


 車体を安定させた状態(普段のサイドスタンドでの駐車状態など)で、緩めるのに力が要るボルト・ナット類をある程度緩めておく。
(前ホイールを浮かせた不安定な状態でボルトやナットを回すためにトルクをかけると、車体が不安定になり、転倒などの事故が発生しやすくなる。 これら事故を防止する為。
 もちろんフロントフォークの留めボルトを緩めすぎると、フォークが抜けて車体が前傾するので少し緩めれば良いだろう。 なお、万一前傾してしまっても事故にならないよう、エンジンの下にスタンド等の台を用意しておくのも忘れずに。)


・シート、タンクを外しておく。(外さなくても無理すれば作業可能だが、タンクへの傷付等防止の為)

・ブレーキディスクガードを装着している場合は外す。

・フロントタイヤを浮かせた状態で車体を固定。

・フロントブレーキキャリパーを外して台等に置く。(12mmボルト2本)

・メーターワイヤーの接続を外す。

・フロントホイールを外す。(19mmシャフト×17mmナット)

・フロントフェンダーを外す。(10mmボルト4本)

など



 フロントブレーキホースとメーターワイヤーを留めている金具(左フォーク側アンダブラケット部分)(8mmボルト2本)を外しておく。
 フロントフォークを外す。 片方あたり12mmボル2本、10ミリボルト2本を緩めれば下に抜ける。

 折角なのでフォークの清掃。
 本来であればフォークを外したら併せてフォークオイルくらいは交換した方が良いだろう。 重複作業分工数が減らせるので、他に作業依頼している場合などは個別に行うよりも工賃を減らすことができる(はず)。
 なお、ねこのすでは自前作業なので楽しみは後にとっておく。 フォークオイルの種類や液面高、容量等の確かな情報を入手していないという理由もあるが。(ネット上でマニュアル入手完了。)
 もちろん一度に色々の変更作業を合わせて行うと、効果確認と不都合発生時の原因追求が困難になるので、できれば個別に作業を行う方が理想ではある。


 フォークが抜けた状態。
 メーターの付いたパネルを外す。(8mmボルト2本)


 ハンドルバーを外す。 クランプの左右ハンドルアッパホルダを各10mmボルト2本外す。
 ハンドルはケーブル類が届く範囲で置いておく。 天井から吊るしたロープ等で吊っておくと楽。 ねこのすで露天作業する場合は脚立を用意して荷造り用のコードでハンドルを吊り下げておくこともある。
 ブレーキのマスターシリンダーは逆さに置いておいたりするとエアを噛んだりするので、逆さのまま放置したりしないように。


 クラウンナットを外す。 (27mm)
 ハンドルクラウンを外す。


 回り留めのスペシャルワッシャを外す。


 ステムを締めているナットを外す。 画像のような工具が有ると楽。 無ければ貫通マイナスドライバー等で叩いても回すことは可能。


 ステム上側のボールレースベアリング(右)と下側のテーパーローラーベアリング(左)
 走行約3万キロメートル直前で初の開放検査。 画像は開放直後の状態で、グリス類はねこのすに導入後追加していない。 おそらくブラジルで製造された時のままだろう。
 他で「新車はほとんどグリスが塗られていない。」といった話を聞くが、「ねこちやづけ」についてはある程度グリスが塗られているようだ。


 ヘッドパイプ下部のベアリングレース。 ローラーがあった部分に跡は見えるが、特に凹凸は感じられない。
 酷い場合は、ここがローラーの形に凹んでいる場合がある。 そうなるとステアリングも中心で引っかかるようになって運転しにくいばかりか非常に危険である。
(もしそうなったら素直にベアリング交換である。 貫通ドライバー等でレースを叩き出して古いレースを使って新しいレースをハンマー等で叩き込む。 ドライバー等の引っかかる場所がない場合には素直に工具屋に走って店の人に質問。 たいていの場合は工具が引っかかるところが作ってある。 上画像ではレース上のヘッドパイプに凹みが左右二箇所用意されているので、ココにドライバー等を当てられるはず。)


 ヘッドパイプ上部のベアリング。 同じく凹凸は見受けられない。
 ヘッドパイプ内は錆も見られず健全。 開放したついでに防錆剤を吹き付けておく。


 グリスを塗る。


 分解した時の逆手順で組立。
 ステムを締めているナットは一旦締めこんでから、若干戻す。 (締め込み過ぎるとハンドル操作が重くなる。 緩過ぎるとブレーキをかけた時などにガタがでる。)


 フォークとホイール等が付いた状態。 タンクが無いと車体が非常に細く見える。


 ワイヤー類の取り回しを確認。 増し締め、締め忘れ確認。 ハンドル周りの作業なので、ハンドル操作に支障がないか慎重に確認。

 問題がなければ試走して増し締め。 作業完了である。

 整備後にステアリングの状態を確認したが、全く違いが判らない。
 整備前にも問題があったわけではないので、あたりまえといえばあたりまえだが。 まあ、これでしばらくは安心して乗ることができる。



XTZ125の部屋に戻る