XTZ125 「ねこちやづけ」 純正キャリアーを付けてみる

「ねこのす」「バイクの巣」XTZ125「ねこちやづけ」の部屋>(現在の位置) 純正キャリアーを付けてみる
記事内容2006年04月  最終更新2010年08月04日

 慣らし運転も順調に進行し、走行距離も600kmを越えたところで、純正キャリアーを取り付けることとした。
事前に「部品を発注してから到着するまで、長期間を要ス。」との支援情報を入手していたので、長期戦になるのを覚悟して発注したが、管理人の場合には発注後数日で到着した。
キャリアー部品到着

 到着したキャリアーの部品一式+α。
(右下のビニール袋に入った物体は純正アンダーガードだった。)


 右上の高級そうな化粧ダンボール箱に入っていた。

 参考まで、管理人が入手した際の経費は約9000円。






キャリアー仮組み立て 取り付け作業を開始する前に、一旦仮組みして部品の過不足と位置関係、組立手順を確認しておく。

 もっともさすがに純正部品だけあって、悩むようなところは全くなかった。

 それから、事前に「キャリアーが錆易イ模様。」との支援情報があったので、念のため錆びそうな部分に錆止めを塗布しておく。

(その後3年以上使用しているが、非常に良い塗装がされており、錆が発生しやすいことは無かった。→2010/3/13(土) 午後 11:43 





キャリアー取り付けボルト位置
 実際の取り付け作業。

 リアフェンダーを下からのぞいた画像。
 画像の左が車両前方。

 左右のサイドカバーは外しておいて、
\屬ど分のボルト2本と、黄色い部分のボルト2本を外し、標準の左右グラブバーを取り外し、
黄色い部分にキャリアー付属のステーを取り付け、
キャリアー本体を取り付ける。

 当然、車体の設計段階から取り付けが配慮されていたようで作業は至って簡単。


キャリアー説明書
 もちろん取り付け説明書も付属していた。
ポルトガル語?は読めないけど、図解があるので問題無いだろう。













キャリアー取り付け完了
 あっけなく取り付け完了。

 取り付けた後も全く違和感無く車体に馴染んでいる。 強度的にも十分。
 個人的にはこちらが標準で、キャリアーレスキットとしてグラブバーの販売をオプションとしてもらいたい位だ。
(コスト的な事を考えると、オプション設定もやむを得ないか?)

 ちなみに標準のグラブバーは取り外すが、キャリアー自体にグラブバーとなる部分があるので、タンデム時の取っ手や荷物積載でゴムネットを引っ掛ける場所に困ることは無い。


 特に加工精度が悪くて追加加工に苦労するとか、ある部品を外さないと取り付けできないといった事態を想定していたが、あっさりと取り付けが終わってしまったので、これでキャリアー取り付け作業を終わる。

XTZ125「ねこちやづけ」の部屋トップに戻る





XTZ125の純正キャリアについて

純正キャリアを導入する際、「純正キャリアが錆びやすい」という情報があり、管理人としてはキャリアの錆発生を警戒していたのだが、ねこちやづけの純正キャリアについては錆は(ほとんど)見受けられない。

途中で材質が変更されたのか、塗装が変更されたのか?
単に使い方が違うのか?

カーゴネットのフック(プラスチック製)を引っ掛けたり、ロープを巻いたり、クラウザーやGIVIのアタッチメントを金具を使って取り付けてみたり。
金具が直接触れて塗装が剥げる部分について若干錆は見受けられるが、それ以外の部分は銀色の塗装も美しいままだ。

とりあえず普通に使っている限りは問題がない。
というよりも鉄パイプ製のキャリアとしては上質な工作・塗装であると思われる。

ねこちやづけの部屋の情報を長く更新していなかったので、ひょっとしてキャリアが錆びやすいと思っている人が居るかもしれない。お詫びも兼ねて報告しておく。

2010/3/13(土) 午後 11:43  メモ XTZ125の純正キャリアについて  から



XTZ125「ねこちやづけ」の部屋トップに戻る